現代のレンズにない味わいを、楽しむ邪道なコーナーです。


by abikooldlens

<   2015年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

c0109833_15332440.jpg


そりゴールでも発売されていたこのレンズ、今なら75-300mmがスタンダードですが、少し及ばないところが歴史です。
c0109833_15331446.jpg

c0109833_15331879.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-31 15:33 | FD | Comments(0)

Petri CC 55mmF1.8

c0109833_17155432.jpg


ふわっとした感じです。
c0109833_17154569.jpg

c0109833_17154967.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-30 17:15 | M42 | Comments(0)

Petri CC 135mmF2.8

c0109833_16592490.jpg


普通の135mmF2.8という感じです。
c0109833_1659737.jpg

c0109833_16591178.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-29 16:59 | M42 | Comments(0)

Osawa MC Macro 28-80mmF3.5-4.5

c0109833_1671944.jpg


Osawaの標準ズームです。レンズに質感も有り、ほどよく光量落ちも有り、個人的に好きなレンズです。
c0109833_1671052.jpg

c0109833_1671435.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-28 16:07 | F | Comments(0)

Canon AC zoom 75-200mmF4.5

c0109833_1456320.jpg


FDマウントのAFズーム。MFでは使いにくいのですが、この時代の狭間に合ったレンズには、ひかれるところがあります。
c0109833_14555392.jpg

c0109833_14555711.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-27 14:56 | FD | Comments(0)

Cosina 28mmF2.8

c0109833_16244648.jpg


コシナはこの当時28mmと24mmと20mmを出していたのですが、35mmF2はなかったようです。
人気ではなかったのかな。
c0109833_16243791.jpg

c0109833_16244113.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-26 16:24 | Y/C | Comments(0)

Cosina 24mmF2.8

c0109833_1511538.jpg


ずっと気になっていたのが、COSINAはどうしてCOSHINAにしなかったんだろうと言うこと。
SIか、SHIか、ということですね。

どうしても気になる(^o^)
c0109833_15105469.jpg

c0109833_1511086.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-25 15:11 | K | Comments(0)

Soligor 80-200mmF4.5

c0109833_174117.jpg


どこが元になるレンズなのか、ありふれたスペック過ぎて推測も難しいものがあります。
多くの人が買ったのでしょうね。
c0109833_174374.jpg

c0109833_174719.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-24 17:04 | M42 | Comments(0)

Soligor 45-150mmF3.5

c0109833_13265391.jpg


45-135mmから、150mmまで望遠を伸ばした改良型、だったと想像します。
広角を広げることは難しかったのか、望遠のニーズのほうが高い伸す。
どちらだったのでしょうね。
c0109833_13264437.jpg

c0109833_13264832.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2015-12-23 13:26 | M42 | Comments(0)
キンドルで出版いたしました。

アウトオブフォーカス、ソフトレンズ オールドレンズ開放同盟 [Kindle版]
安孫子卓郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/dp/B019OJ6JDE

レッドデータブックは、環境省による絶滅の危機にある動植物などをまとめたリストですが、レンズの世界にも当てはまるものがあります。それがソフトフォーカスレンズです。
ソフトフォーカスレンズをレッドデータブックに当てはめれば、絶滅危惧種となるでしょう。本家のほうでは絶滅と絶滅危惧の間に「野生絶滅」がありますが、レンズにこれを当てはめるのは無理がありますから、レンズのレッドデータブックでは絶滅に次ぐ2番目の分類と言って良いでしょう。

今回は、ソフトフォーカスレンズを使い、イルミネーションを撮影してみました。イルミネーションの撮影でいつも悩むのは、ピントを合わせるべきかどうか、です。そんなことを考える被写体は他には無いかと思いますが、イルミネーションの撮影ではピントの合っていない部分のぼけが美しく、果たしてどうするべきかと悩んでしまいます。それがソフトフォーカスレンズになると、ますます持って悩ましい限りです。

そこで、思い切ってピントを無視してぼけの美しくなるところを狙ってみました。下世話に言えばピンぼけ写真集ですが、かっこよく言えば「アウト・オブ・フォーカス」という技法の作品集です。こんなものもあるのだなと、ご覧いただければ幸いです。


ご笑覧いただければ幸いです。

キンドルをお持ちの方、あるいはスマホ、タブレットのキンドルアプリでご覧いただけます。
PCでも読めるようになりました。

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/ref=pe_09/?docId=3078592246&ie=UTF8


シェアなどしていただけると、ありがたいです。
よろしくお願いします。
[PR]
by abikooldlens | 2015-12-22 21:08 | Comments(0)