現代のレンズにない味わいを、楽しむ邪道なコーナーです。


by abikooldlens

<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Hexanon 52mm F1.8

Hexanon 52mm F1.8
c0109833_18080273.jpg
コニカらしい、というと、まあ57mmF1.4とか、いろいろありますが、この52mmF1.8というのも、コニカらしいですね。
c0109833_18081424.jpg
のちにARマウントになってからも同じレンズが作られていますが、今回のレンズはその前の、コニカFマウントです。
c0109833_18082256.jpg
今までは中間リングをつけてマクロ専用としてしか使えませんでしたが、ボーグのシステムなど薄くてもEマウント化できるようになったので、無限からの汎用レンズとしても使えるようになりました。
c0109833_18082986.jpg
接着剤で固定してしまえばほんとの汎用ですが、そこまではせず、両面テープ止めでの臨時汎用でとどめおきました。

c0109833_18084056.jpg
c0109833_18084447.jpg
c0109833_18085121.jpg



[PR]
by abikooldlens | 2016-09-30 18:09 | コニカ | Comments(0)

E.Zuiko 4.5cm F2.8 OLYMPUS Ace用

E.Zuiko 4.5cm F2.8 OLYMPUS Ace用
c0109833_17063049.jpg
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/camera/popup/35mm_olympusa.cfm?message=1
c0109833_17063938.jpg
昭和33年(1958年)発売のオリンパスエース用の交換レンズです。
c0109833_17064688.jpg
これも普通では使えないので、ヘリコイドとEマウントリングを組み合わせて、両面テープで留めています。
c0109833_17065342.jpg
両面テープは汎用性は少ないですが、気軽で低価格なのが良いですね。レンズに手をつけないで済みますし。
c0109833_17070401.jpg
同じエース用の交換レンズでも、80mmF5.6よりも、こちらの方が使い易くて手頃でしょう。
c0109833_17071252.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2016-09-29 17:07 | その他 | Comments(0)

Zuiko Auto-T 135mm F2.8

Zuiko Auto-T 135mm F2.8
c0109833_16535328.jpg
最短撮影距離1.5m全体としては平均的なレンズですが、それなりに気に入ってます。
c0109833_16540252.jpg
オリンパスはF2シリーズがフラッグシップで、その中でも100mmF2と180mmF2は特に優れたレンズと言われています。
c0109833_16540928.jpg
その中間にあるためか、135mmは今ひとつ気が抜けて、F2.8とF3.5、特徴が有りません。スペック的には平凡なのですが、ガラスは良好では無いかと思います。
c0109833_16541566.jpg
c0109833_16542003.jpg
c0109833_16542486.jpg


[PR]
by abikooldlens | 2016-09-28 16:54 | OM | Comments(0)
Tessar 50mm F2.8 Carl Zeiss Jena DDR
c0109833_15302053.jpg
標準レンズは、といわれて、歴史的な意味を込めてどれ。
と訪ねられたら、まあ答えは人それぞれでしょう。
Nikkor 50mm F1.4もありますし、SMC Pentax(Takumar)50mmF1.4だったりするかもしれません。キヤノン党ならもちろんFD 50mmのなにがしを選びそうです。
c0109833_15303486.jpg
正解は無いのですが、Tessarも、候補には入れたいレンズです。
c0109833_15304207.jpg
歴史も有り、バリエーションも多く、どのTessarと言われても答えはまちまちでしょうけれど、このレンズはおそらく最後期、M42の時代も終わりになろうという時期の製品でしょう。
c0109833_15304984.jpg
それだけに状態の良いものが一番多く流通しているかもしれません。0.35mまで寄れますし、一本くらいは持っていたいレンズですね。
c0109833_15305880.jpg
c0109833_15310422.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2016-09-27 15:31 | M42 | Comments(0)

Komuranon 135mm F3.5 soft

Komuranon 135mm F3.5 soft
c0109833_15454670.jpg
Komuranon 135mmF3.5を、誰かが分解して、意図したのかしないのか、こんな風にしてしまいました。
c0109833_15455358.jpg

ラッキー。
c0109833_15455913.jpg
ソフトフォーカスと、玉ボケも出るという希少なレンズになっています。
c0109833_15460547.jpg

何をどうしたらこうなるのか、わかっていたら改造して売れるかもしれませんが、下手に分解して直ってしまってもがっかりだし、手が出せません。
c0109833_15461173.jpg

おもしろいレンズ、ジャンクレンズ遊びの醍醐味ですね。
c0109833_15462037.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2016-09-26 15:46 | M42 | Comments(0)

Hexanon AR 50mm F1.7

c0109833_11082470.jpg
Hexanon AR 50mm F1.7
c0109833_11083543.jpg
コニカHexanonの標準レンズです。一番でまわっている本数は多いのでは無いでしょうか。
c0109833_11084611.jpg
HexanonにはEマウント用ヘリコイドアダプターがありません。回避策としては、AR->Eosのアダプターを介して、EF->sonyEヘリコイドアダプターとつなげる手があります。
c0109833_11085386.jpg
でもAR->EFのアダプターも8千円くらいと結構高いので見送っています。
c0109833_11090116.jpg
当分は中間リングやクローズアップレンズでまかなうつもりです。
c0109833_11090955.jpg


[PR]
by abikooldlens | 2016-09-25 11:09 | コニカ | Comments(0)

Hexanon AR 28mm F3.5

Hexanon AR 28mm F3.5
c0109833_16443992.jpg
コニカの後期はARマウントというマウントでした。レンズはなかなか良かったと思っていて、今も熱心なファンがいるようですが、そんなに普及しておらず、マウントアダプターも少なめですから、今の中古相場としては高い部類では無いと思います。
c0109833_16445122.jpg
Hexanonレンズ、数本持ってはいるのですが、当初4/3でオールドレンズを始めたことから、どうしても広角系が手薄になりまして、Hexanonも広角はこれ一本しか持っておりません。
c0109833_16450077.jpg

28mmF1.8などという魅力的なレンズも存在していますが、当分の間はF3.5のレンズで満足しておきましょう。
c0109833_16451109.jpg
c0109833_16451694.jpg
c0109833_16452097.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2016-09-24 16:45 | コニカ | Comments(0)

Retina Longar Xenon 80mmF4 c

Retina Longar Xenon 80mmF4 c
c0109833_17132028.jpg
1954年生、西ドイツ、イーストマンコダック製のコダック レチナ 2c用の交換レンズです。
c0109833_17140821.jpg

といっても、35mmとこの80mmと、2本しか無かったようです。
c0109833_17141533.jpg
ボディに後玉を残して、前玉だけを交換する方式だったようです。そのためか、後玉が異様に小さく、当然ながら適応するマウントアダプターもありません。
c0109833_17142296.jpg

後玉抜きという無理無理ではありますが、M42の中間リングを接着して使用してみました。内面反射か、中央部が白くなってしまうのが残念ですが、使えることは使えます。
c0109833_17132930.jpg

中間リングを接着してみましたが、周りに余裕があるため、はがし液を使ってはがすことも十分可能です。
c0109833_17135859.jpg

まあ、このレンズは避けた方が無難ですが、それでも撮れるという遊びには使えますね。

c0109833_17143293.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2016-09-23 17:14 | その他 | Comments(0)
Carl Zeiss Jena DDR MC Pancolar electric 50mm F1.8
c0109833_15150596.jpg
旧東ドイツ、Carl Zeiss Jena DDRの、Pancolarです。PancolorではなくPancolarなのはなぜか、いろいろとかたられていますね。
c0109833_15151635.jpg
最短撮影距離は0.35mと寄れますし、とても良いレンズです。
c0109833_15152832.jpg

ただし、問題なのはお尻に電気接点があること。それが出っ張ってます。
M42という止め位置が正確に特定できないマウントで、それでもAEなどの情報をやりとりしようとして、その方策として作られた仕組みでしょう。
c0109833_15153708.jpg
ですが、これが、M42->SonyEヘリコイドアダプターのごくわずかなねじに引っかかってしまい、取れなくなってしまうのです。結局は硬質のプラスチック板(下敷きのようなもの)を挟み込んで、少しずつ回して何とか取り外しましたが、かなり苦労します。
c0109833_15155269.jpg
で、ねじの無いマウントアダプターを追加購入。Amazonで1000円以下で手に入りましたから、安くなって助かります。
c0109833_15155916.jpg
とても便利なヘリコイドアダプターですが、このレンズに使用するのは要注意です。
c0109833_15160620.jpg
c0109833_15161280.jpg


[PR]
by abikooldlens | 2016-09-22 15:16 | M42 | Comments(0)

Agfa Color Solinar 50mmF2.8

Agfa Color Solinar 50mmF2.8
c0109833_16505912.jpg

アンビジレッテ(AMBI Silette)という、アグファの高級レンズシャッターカメラ用のレンズです。
c0109833_16510871.jpg
c0109833_16511408.jpg
Color Ambion 35mmF4と、Color Telinear 90mmF4と、交換レンズは3本だけだったようです。
c0109833_16512631.jpg
1957年ですからすでに一眼レフの時代が始まっていましたが、違う方向性も模索している時代だったのでしょうか。
c0109833_16513479.jpg
レンズシャッターということで、フランジバックは短く、接続には苦労してしまいます。
短い中間リングとヘリコイドシステムの組み合わせですが、強力両面テープでヘリコイドの中クラスに直接つけてしまう方が良いかもしれません。
c0109833_16514100.jpg
c0109833_16514628.jpg
c0109833_16515223.jpg



[PR]
by abikooldlens | 2016-09-21 16:52 | その他 | Comments(0)