現代のレンズにない味わいを、楽しむ邪道なコーナーです。


by abikooldlens

Planar 50mm F1.8 QBM

Planar 50mm F1.8 QBM
c0109833_22094463.jpg
数多いPlanarの内で、ローライのQBMマウントの製品です。
c0109833_22094517.jpg

c0109833_22094425.jpg

中身はよくわからないのですが、デザインはツァイスとは異なります。
c0109833_22094541.jpg
この時期の(特にドイツレンズは、たぶん)同じレンズでもレンズ構成がまるで違ったり、同じレンズでも様々なブランドで(それは今もあるかな)発売されていたり。

c0109833_22094508.jpg

[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-12 22:10 | ローライ | Comments(0)

Nikkor S auto 5.8cm F1.4

Nikkor S auto 5.8cm F1.4
c0109833_21003469.jpg
1960年3月発売。Nikkorの一眼レフ用レンズのごく初期です。
c0109833_21004154.jpg
終戦後15年。終戦直後から日本のカメラ産業は活動を始めていましたから、一眼レフという形にたどり着くまでに約15年を要したわけですね。
c0109833_21004185.jpg
それから60年弱の期間を経て、今では一眼レフからミラーレスへ。
c0109833_21004394.jpg
ミラーレスで復活した一眼レフ用のレンズです。
c0109833_21004273.jpg

[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-11 21:01 | F | Comments(0)

Hexanon AR 57mm F1.4

Hexanon AR 57mm F1.4
c0109833_19365540.jpg
コニカは後には50mmが出てきますが、コニカと言えば52mmと57mmで、個性的です。
c0109833_19365572.jpg
57mmにはF1.2もあるので、いつの日にか・・・
c0109833_19365520.jpg

c0109833_19365603.jpg

コニカ用はなかなかヘリコイドアダプターが見つかりませんが、57mmで0.45mまでよれるので、そのままでもそこそこ行けます。
c0109833_19365622.jpg
特に猫なら問題なしですね。


[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-10 19:37 | コニカ | Comments(0)
c0109833_20493306.jpg
Voigtlander Color Ultron 55mm F1.4
c0109833_20493374.jpg
Rollei用、QBMマウントのレンズです。
c0109833_20493298.jpg
ちょっとヘリコイドがすかすかになってきたのが残念なところですが、一応お気に入り。
c0109833_20493236.jpg
EF->sonyEヘリコイドアダプターにQBM->EFのアダプターをはめていますが、うまく合っていないようで寄れなくなってしまいます。

ヘリコイドアダプターでおつりは出ているのですけれど。
c0109833_20493202.jpg

[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-09 20:49 | ローライ | Comments(0)
CanonFL 50mm F1.8 の後玉 + auto Chinon 55mm F1.7の前玉
c0109833_20224479.jpg

c0109833_20224493.jpg

レンズ入れ替えシリーズの第二弾。
c0109833_20224435.jpg
どの組み合わせがベストなのかと言うことでは無く(元々の純正がベストですが)手近にある分解しても良いと思うレンズを選んでいるだけです。
c0109833_20224502.jpg

c0109833_20224521.jpg

この組み合わせでは、Chinonの前玉が大きいので、うまく収まりません。なのでビニールテープで強引に留めています。
c0109833_20224568.jpg
その成果、大暴れ。まさに成果か?


[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-08 20:23 | FD | Comments(0)

SuperTakumar 50mm F1.4  8枚玉

SuperTakumar 50mm F1.4  8枚玉
c0109833_20215564.jpg
SuperTakumar50mmF1.4の初期型、8枚玉のレンズです。
c0109833_20215586.jpg

c0109833_20215578.jpg

これはアトムレンズではありません。
c0109833_20215633.jpg
まあ8枚玉と、7枚のアトムレンズと比べて何が違うかというと、それほどは違いません。当然ながら、違わないように作ったでしょうから、写りに差は感じられません。
c0109833_20215696.jpg
ただ黄変はしていませんが、デジタルだと黄変はWBで調整できるので、どこまでメリットかは微妙ですけれど。


[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-07 20:22 | M42 | Comments(0)
SuperTakumar 50mm F1.4 7枚玉アトムレンズ
c0109833_19234017.jpg
SuperTakumarの50mm F1.4はアトムレンズの代表格として有名ですが、実は途中で変更されており、後期のタイプだけがアトムレンズです。
c0109833_19234113.jpg

c0109833_19234153.jpg

初期には8枚だったものが7枚に変更されるとき、足りない分をトリウムガラスで補ったと言うことでしょうか。
c0109833_19234121.jpg

c0109833_19234118.jpg

1枚減っているので、若干軽くなっています。


[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-06 19:23 | M42 | Comments(0)

smcPentax 50mm F1.2

smcPentax 50mm F1.2
c0109833_20182375.jpg
私が選ぶ、ベスト50mmF1.2は、これです。
c0109833_20182383.jpg
ペンタックスのレンズは綺麗だなと思いますが、他社が苦戦した50mmF1.2も、割にあっさり作ってしまった気がします。
c0109833_20182315.jpg

c0109833_20182333.jpg

まあ開発の方は苦労されたとは思いますが(^o^)
c0109833_20182456.jpg
55mmや58mmのF1.2を経ること無く作ってきたのは、なかなかですよね。



[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-05 20:18 | K | Comments(0)

Canon FL 50mm F1.4

Canon FL 50mm F1.4
c0109833_19480709.jpg
FLの50mmF1.4は、無印と、Ⅰ型とⅡ型があります。

4群6枚、5群6枚、6群7枚と進化していきました。
c0109833_19480867.jpg
キヤノンのレンズ歴史館には
http://global.canon/ja/c-museum/product/fl101.html

FL50mm F1.4 (1965年 4月発売、5群6枚構成ガウス型)に変わる高性能標準レンズを目指して新設計された。新種ガラスを4枚使用した6群7枚構成による贅沢なガウス型を採用、高コントラスト、高解像力、カラーバランスの良さ、豊富な周辺光量を備え、後にFDレンズシリーズ展開での規範となった。

とあります。
c0109833_19480894.jpg

c0109833_19480927.jpg


今回使用したのは、Ⅱ型です! エヘン(爆)
c0109833_19480968.jpg

[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-04 19:48 | FD | Comments(0)

Zuiko Auto-T 135mm F2.8

Zuiko Auto-T 135mm F2.8
c0109833_18403750.jpg
なかなか高評価の135mmです。
c0109833_18403726.jpg

c0109833_18403608.jpg

デザイン的にはやや平凡ではありますが、オリンパス的には路線をやや外れた感のある135mmですが、ガラスには力を入れていたようです。
c0109833_18403693.jpg

c0109833_18403691.jpg

135mmというとマクロの少ない焦点域なので、ヘリコイドアダプターと組み合わせて望遠マクロにするのも良いですね。

c0109833_18403529.jpg

[PR]
# by abikooldlens | 2017-10-03 18:41 | OM | Comments(0)