現代のレンズにない味わいを、楽しむ邪道なコーナーです。


by abikooldlens

2014年 08月 16日 ( 1 )

Pancolar 50mmF1.8

西ドイツがプラナーなら、東ドイツの代表格がパンカラーでした。明るさこそF1.8ではありますが、35cmと寄れるのが特徴的で、これがうれしいところです。現代の50mmレンズでも一般的には45cmどまりですから、こういうレンズは貴重です。
c0109833_14275846.jpg
c0109833_14281482.jpg
c0109833_14282826.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2014-08-16 14:28 | M42 | Comments(0)