人気ブログランキング |

現代のレンズにない味わいを、楽しむ邪道なコーナーです。


by abikooldlens
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:FD( 209 )

NewFD 50mm F1.4

NewFD 50mm F1.4
c0109833_17333423.jpg
それまでS.CやS.S.C、アスフェリカルなどバリエーションのあった50mmクラスですが、NewFDからはめっきり減ってしまいました。
c0109833_17333462.jpg
それでも50mmF1.2にはノーマルとLが存在しますが、F1.4は一種類。
c0109833_17333456.jpg
時代はズームになってきたことと、光学性能ではそれほど差が無く高性能になってきたと言うことか。
c0109833_17333413.jpg

by abikooldlens | 2019-07-30 17:33 | FD | Comments(2)

NewFD 28-55mm F3.5-4.5

NewFD 28-55mm F3.5-4.5
c0109833_19050972.jpg
プラスチックで小型軽量ですが、28mmから使えるレンズです。
c0109833_19050992.jpg
今はこのような3.5-4.5のようなレンズが無くなって、3.5スタートならテレ側は5.6が普通ですね。
c0109833_19051046.jpg
ズームの倍率の問題もあるとは思いますが、明るさが軽視されているのは、現実でしょうね。
c0109833_19051091.jpg

by abikooldlens | 2019-07-29 19:05 | FD | Comments(0)

FD 100mm F2.8 S.S.C

FD 100mm F2.8 S.S.C
c0109833_18012014.jpg
私としては珍しい、高級S.S.Cのレンズです。
c0109833_18012044.jpg
普通の100mmF2.8が1971年に27千円。
c0109833_18012094.jpg
このS.S.Cは1973年に31千円。高級と言っても、わずかですね(^o^;)
c0109833_18012091.jpg

by abikooldlens | 2019-07-28 18:01 | FD | Comments(0)

FD 55mm F1.2

FD 55mm F1.2
c0109833_18383474.jpg
一時多かった55mmや57,58mmなどですが、今はかなり少数派です。
c0109833_18383436.jpg
焦点距離が長い分だけボケも大きく、その魅力もありますけれどね。
c0109833_18383474.jpg
この手のレンズは、それを目当てに使うのも面白いでしょう。
c0109833_18383443.jpg

by abikooldlens | 2019-07-27 18:38 | FD | Comments(0)

Canon FL 50mm F1.4

Canon FL 50mm F1.4
c0109833_19305822.jpg
ご心配をおかけしましたが、なんとか、生きてかえって参りました。
精しい顛末は 犬と猫と動物たち2
https://nyanwan2.exblog.jp/

に書きましたので、もしもご興味有る方はチェックしてみてください。
facebookにも同文が掲載されておりますので、すでにお読みの方は大丈夫です。

c0109833_19305821.jpg
最初に発売されたのが1965年。
c0109833_19305773.jpg
Sレンズではすでに1957年に50mmF1.4が出ていますので、それほど先進的というわけでも無いのかな。
c0109833_19305827.jpg

by abikooldlens | 2019-07-26 19:31 | FD | Comments(0)

NewFD 100mm F2

NewFD 100mm F2
c0109833_16502456.jpg
キヤノンの100mmはこのF2とF2.8。それにマクロです。
c0109833_16502434.jpg
イメージ的に100mmF1.8があるような気がしていましたが、気のせいでした。
c0109833_16502448.jpg
価格も85mmF1.2>100mmF2>85mmF1.8>100mmF2.8です。割に気に入っているレンズなのですが、キヤノンの中では比較的冷遇されていたかもですね。
c0109833_16502444.jpg

by abikooldlens | 2019-07-15 16:50 | FD | Comments(0)

NewFD 50mm F3.5 macro

NewFD 50mm F3.5 macro
c0109833_18211106.jpg
倍率も1/2倍。明るさもF3.5ですから、目立つものではありません。
c0109833_18211137.jpg
でも無難に使うのは手頃でしょう。
c0109833_18211113.jpg
失敗しにくいレンズではありますよね。
c0109833_18211284.jpg

by abikooldlens | 2019-07-14 18:21 | FD | Comments(0)

NewFD 35-105mm F3.5

NewFD 35-105mm F3.5
c0109833_19062039.jpg
'1981年に59,000で発売されました。昭和56年です。
c0109833_19062032.jpg
ズーミングとフォーカスが別々の、回転式ヘリコイドで、35mm側でマクロ機能があります。
c0109833_19062012.jpg
昭和60年には48,000で直進式F3.5-4.5のレンズが発売されていますが、デザイン的には回転式のほうが好きですね。
c0109833_19062188.jpg

by abikooldlens | 2019-07-13 19:06 | FD | Comments(0)

Canon FL 58mm F1.2

Canon FL 58mm F1.2
c0109833_17364072.jpg
FL時代は50mmもあり、55mmもあり、58mmもありと言う時代でした。
c0109833_17364046.jpg
この58mmは低価格で昭和39年発売で33,800-。35mmF3.5は13.900-ですから、2.5倍くらい。
c0109833_17364030.jpg
50mmF1.4Ⅱでも21,800ですから、比較的リーズナブルでしたね。
c0109833_17364077.jpg



 

by abikooldlens | 2019-07-12 17:37 | FD | Comments(0)

Canon FL 35mm F3.5

Canon FL 35mm F3.5
c0109833_20565758.jpg
FLの28mmと比べるとデザインが違います。こちらの方が良質(に思える)

地味なレンズですし、売れ筋では無かったんでしょうけれど。
c0109833_20570772.jpg
キヤノンカメラミュージアムの記述から
当時、35mmレンズが適当な広角効果を保ちながら、パースペクティブの表現が不自然でなく、その上、被写界深度の深いことなどから、プロ写真家、一般ユーザーの間にスナップ撮影用として標準レンズ並みに扱う傾向が見られた。このような時代の要求に応えるよう、高性能、操作性、ユニークなデザインにまとめ上げることを狙って設計された。
コマ収差およびハローを除去し、開放時のコントラストを良好に保つと共に、全画面にわたり、高い解像力を保っている。また、6群6枚構成、前面に凹レンズを配したレトロフォーカスタイプで、質量はわずか270gの小型軽量である。
c0109833_20570879.jpg
だそうです。
c0109833_20570831.jpg

by abikooldlens | 2019-07-11 20:57 | FD | Comments(0)