現代のレンズにない味わいを、楽しむ邪道なコーナーです。


by abikooldlens
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:各種有り( 98 )

Komuranon 28mm F2.5

Komuranon 28mm F2.5
c0109833_17490861.jpg
広角レンズで猫を撮るとき、当然ながら背景を意識します。
c0109833_17490800.jpg
最短撮影距離付近であれば、28mmといえども背景はぼけるので、割に楽です。
c0109833_17490809.jpg
広角ですが、28mmくらいであれば、ゆがみはそれほど意識しなくても済むでしょう。
c0109833_17490887.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-12-10 17:49 | 各種有り | Comments(0)

Vivitar WideAngle MC 28mm F2.8

Vivitar WideAngle MC 28mm F2.8
c0109833_19231984.jpg
Vivitarは現存するメーカーで、販社ですね。
c0109833_19231969.jpg
今は超望遠などを取り扱っています。
c0109833_19231915.jpg
中国などに工場を作り(提携し)、また低価格の単焦点などを販売してくれたら面白いのですが。

c0109833_19231921.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-11-17 19:23 | 各種有り | Comments(0)

Osawa MC 28mm F2.8

Osawa MC 28mm F2.8
c0109833_19085411.jpg
Osawaのレンズはなかなか作りが良くて、当時の互換レンズメーカー製品の中では、かなり上質な方だと思います。
c0109833_19085431.jpg
おそらくは単焦点はこれだけ(超望遠などがある可能性はありますが)と思われます。
c0109833_19085564.jpg
小さいレンズなので、逆に上質な作りが出ていなくて、もったいない気もします。
c0109833_19085562.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-11-16 19:09 | 各種有り | Comments(0)

Cosina 28mmF2.8 MC

Cosina 28mmF2.8 MC
c0109833_20113433.jpg
いつも気になるcoSInaのネーム。
c0109833_20113413.jpg
CHInonやyaSHInonなのに、coSHInaではなくてcoSIna
c0109833_20113463.jpg
なんでSIにしたのか、聞いてみたい。
c0109833_20113471.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-11-15 20:11 | 各種有り | Comments(0)

Komura 135mm F3.5

Komura 135mm F3.5
c0109833_18385310.jpg
ヘリコイドアダプターで繰り出して撮影しています。
c0109833_18385323.jpg

c0109833_18385337.jpg

M42,OM,CYなどは繰り出し量が大きいので、135mmくらいでも効果があります。
c0109833_18385389.jpg
135mmF3.5などという平凡なレンズが、甦ります。


[PR]
by abikooldlens | 2018-10-30 18:39 | 各種有り | Comments(0)

Komura 135mm F3.5

Komura 135mm F3.5
c0109833_18185966.jpg
おそらくねじ式の交換マウントですが、めんどうなのでM42のTマウントアダプターを両面デーブで止めて、ビニールテープで補強し、M42のマウントアダプターに接続しています。
c0109833_18185998.jpg
この手のレンズ、汎用性を求めても仕方ないと思っているので、マクロで良いんです。
c0109833_18185921.jpg
鋭いレンズでは無いですが、マクロにはちょうど良いです。と思ってます。
c0109833_18190038.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-10-01 18:19 | 各種有り | Comments(0)

SUN DF 28 35mm F3.5 3.8

SUN DF 28 35mm F3.5 3.8
c0109833_20594828.jpg
28mmと35mmを切り替える2焦点レンズです。
c0109833_20594809.jpg

c0109833_20594814.jpg

でも、28mmF3.5と35mm F3.8だと、おそらく当時は絞って使う人が多かったでしょうし、こう言うレンズでマクロを撮る人は少なかったでしょう。
c0109833_20594817.jpg
多少とも絞るなら、2焦点じゃ無くてズームにしても、ピントはカバーできそうですね。
c0109833_21001941.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-09-20 21:00 | 各種有り | Comments(0)

Komuranon 24mm F2.5

Komuranon 24mm F2.5
c0109833_19332557.jpg
これも2線ボケ傾向ではありますが、28mmほどは暴れません。
c0109833_19332595.jpg
まあ今となっては残念で、もっと大暴れしてくれれば楽しいのに。
c0109833_19332699.jpg
F2.5と標準的な24mmに比べると明るいのですが、その分だいぶ大きくなっているので、その点は当時受け入れられたのかどうかが気になります。

c0109833_19332676.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-09-19 19:33 | 各種有り | Comments(0)

SUN Zoom 60-135mm F3.5

SUN Zoom 60-135mm F3.5
c0109833_19392359.jpg
このクラスのズームの中で、どの時期に開発されたものなのか、それが気になります。
c0109833_19392335.jpg
広角側が60mmで、最短撮影距離が2mと、古さを感じさせますが、類似の55-135mmや50-135mm、45-135mmなどに対して、先行して開発されたものだったのでしょうか。
c0109833_19392342.jpg

c0109833_19392455.jpg

これが70-150mmだとなにもいわれないのですが、60-135mmだと、広角側が50mmだったらなどと、言われたんでしょうね。
c0109833_19392448.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-09-16 19:39 | 各種有り | Comments(0)

Sigma zoom ΚⅡ 75-210mm F4.5

Sigma zoom ΚⅡ 75-210mm F4.5
c0109833_19241991.jpg
ⅢではF3.5-4.5になりましたが、広角側の明るさはさほど問題では無いので、実質的にはⅡでも同じです。
c0109833_19241941.jpg

c0109833_19241994.jpg

特に望遠ズームですから、広角と言っても75mm。ここで半絞り明るいかどうかは、意識するところでは無いでしょう。
c0109833_19241900.jpg

最短撮影距離は1m。ここは変わらず。
c0109833_19241968.jpg

[PR]
by abikooldlens | 2018-09-15 19:24 | 各種有り | Comments(0)